与えられる、与える


皆様はお盆はいかがお過ごしですか?

 

今日は終戦記念日です。

社会的にも色々な動向があり、今年は今までと違う日のような感じがします。

私の祖父は戦死しています。

祖母も最近になってやっと、祖父がいなくなった後のとても苦労した話をしてくれるようになりました。

小説や映画であるような実体験をしているのに

今までそんな素振りも見せなかった祖母には尊敬しかありません。

私のことを『さん』をつけて呼び、よく分からない方言は極力使わず、丁寧に話してくれます。(祖母は熊本、天草の人です)

孫の私にまでいつも『ありがとう。ありがとう。』と言ってくれます。

『ありがとう。』と言わなければいけないのはいつも私なのに…

 

お盆のお休みに入って

生前父がお世話になっていた方の初盆に伺いました。

奥様にも大変お世話になっているので、

この暑さでも食欲が出るものを…と持参しましたが、

想像を超えるお返しをいただきました。

 

私が祖母に好きな物を送っても、

その奥様に何かして差し上げても

叶わない事が分かりました。

 

尊敬する方は、周りの方に『与え』続ける方なのかもしれません。

お返ししたい気持ちはありますが、私が何かを与えて差し上げることはとても小さい事。

器の大きさや経験、相手を思う気持ちの大きさが私とは全然違います。

私が『与えられる』方に感謝しても何かを『与える』のは無理なのかもしれません。

 

祖母も奥様も誰かに『与えられた』から、『与える』事ができる様になったのだと思うことにしました。

 

私は今まで与えられ続けてきました。

家庭内でも社会でも『与える』人に成長したい…

身をもって伝えられる人になることが、恩返しになるかもしれないと今思っています。

 

お盆休みも明日までです。