父の天国と地獄の話


虹

父が以前話してくれた話

 

…といっても数年前の話で子供の頃の話ではありません。

 

『天国と地獄はどういうところ?』と父が突然聞いてきたと思います。

『よく分からないけど、地獄は現生の罪を償うところじゃないのかな?』

 

『景色や環境は全然違うと思う?』

『そりゃ違うんじゃない?』

 

『ご飯は食べれると思う?』

『そもそも、お腹空くんかね?』

全く答えになってなかったと思います^_^;

 

『実は、同じみたいなんよね。』

 

『天国も地獄もテーブルにご馳走が並べられていて、ちゃんと椅子に座って食べれる。

ただ、お箸が長いらしい。

天国は、その長いお箸を使って、

前に座っている人に、

❝〇〇さん、何が食べたいですか?❞と聞いてあげて、

その長いお箸でその人の口に食べ物を運んであげる。

次は、食べさせてもらった人が、

❝ありがとう。◎◎さんは何がいい?❞と聞いてあげて

その長いお箸で食べさせてあげる。

みんなでそうして食事している。』

 

『地獄も同じようにご馳走が並べられているけど、長いお箸で自分で食べようとする。

でも、お箸が長いから、口に運ぶ前に、周りの人にぶつかってしまう。

ぶつけられた人は、怒ってぶつけた人を殴ったり争いになる。

何人もそんな争いをして、みんな傷つけたり、傷つけられたり、

テーブルもぐちゃぐちゃ、誰もご飯が食べられない。』

 

現生と同じ、人なんだな~。と思いましたが、口には出さなかったように思うし、

父もそれ以上何も言わなかったと思います。

 

どこで聞いてきたのか、本で読んだのか分からないし、

何が言いたかったのか分からないし、

何か言いたいことがあったのではないかな?

もっと深く聞いておけばよかった…

と今になって思います。

 

いつも思うことですが、私は周りの環境に恵まれていて、

いつも食べさせてもらっている側です。

 

先日、初めて勤めた会社のOB会に呼んでいただきました。

20年以上ぶりの再会もあり、

昔を思い出して、楽しかったこと、数々の失敗の話になりましたが、

周りの方々に守っていただいていたのだと改めて感じました。

大半が年上の方や同期の方でしたが、いまだに皆さんに優しくしてもらっています。

いただいているばかりです。

 

 

私も40半ばになりました。

 

 

今日は父の命日です。

父の話を思い出して、ここに書かせていただきました。

 

今の環境も、これから先の環境もどうとらえるか、行動するかは自分次第、

私に関わってくれる方々に何かを与えられたり、いい環境を作れるようになりたいです。

 

今もこれからも、皆さんにとっていい環境に居られますように…(*´▽`*)