気温の変化に負けない強いお肌になるために…


数日前までは、急に寒くなり、

また今日は温かいです(*´▽`*)

こんな気候を繰り返しながら…冬になっていくのでしょうか(+_+)

 

そういう気候のせいか、庭の朝顔が花盛りです。

時期を間違えちゃってます(*´▽`*)

数年前に植えたものですが、

水やりも欠かさず、たまに、土も加えてあげていたらとても元気に育っています。

 

自然界の植物も気温に合わせられなくなってしまっているようですが、

根がしっかりいるとそれなりに元気に育ています。

 

私たちのお肌はもっとデリケートだったり、

お腹が冷えていたり、暴飲暴食だったり…と

お肌のいい状態を保てているのでしょうか?

 敏感肌だといって、抗炎症剤の入っている化粧品を使って

根本的な問題、(なぜ炎症するのか?)に向き合えなかったり、

界面活性剤の含まれたクレンジングや乳液、クリームを使ったり…

 

より洗浄力をあげたりするために作られた【合成界面活性剤】は、

肌のバリア機能の役割を果たす、『皮脂膜』や『角質層』を、ゆるめて、溶かしてしまいます。

 

 

今回は、角質層とはどんなものか?役割について書きます。

 

角質層の細胞は死んだ細胞です(._.)

お肌 角質細胞

細胞に【核】がないですよね?

顆粒細胞(角質層に行く前の細胞)は、

『遺伝子を入れている核』などのすべての器官を消失させて、

保湿細胞にとって必要な成分(ケラチン繊維+繊維間物質)のみを細胞間に残して角質層へ移動します。

 

角質層を『バリア層』又は、『お肌のバリヤ機能』と言われています。

主に、

●体外からの細菌や刺激物質の侵入を防ぐ

●中から体液が流れるのを防ぐ

という特徴があります。

 

顆粒細胞(角質層に行く前の細胞)から角質層に移行するときに

全てを捨てて、お肌を守るためだけに働いている‼とも言えるのです。

また、最近の科学では、組織に必要な酸素を運搬する血液の細胞成分の主体をなす

酸素を運搬する赤血球とよく似ていることが分かりました。

※美肌美化学研究所より抜粋

 

乾燥したり、何かに敏感に反応するということは…

この角質層が機能していないということ。スカスカになっている状態。

赤くなったり、痒みが出たりするのは、

バリア機能が低下し、角質層のもっと下の細胞が傷ついているから。

角質層はすでに死んでいますからね(._.)

 

角質層を強化するには…

お肌、セラミド

セラミドを増やして、水の層も整えることです!!

 

しかしながら、角質層は、皮膚の表面です。

皮膚はもっと深いところから始まります。

新しい細胞を作るのに不可欠な酸素を取り入れることも大切です。

 

もっともっと深い部分では、土台となる筋肉も大事です。

疲れて固くなっている筋肉だと、たるみやしわ、老化…を引き起こします。

そのコリを緩めるににも酸素が必要です。

 

今日は簡単な皮膚理論のお話までになってしまいましたが、

お肌は短期間では作れないし、

誤った情報に惑わされないようにしていただきたいと思っています。

 

日頃のお手入れ、とても大事なのです!(^^)!

 

ピュリファーで取扱いしているMIREY化粧品は抗炎症剤は入っておりません。

角質層が整っていない方は初めは反応がでるかもしれませんが、

半年後、一年後、十年後のお肌の為に、

何が必要かをお伝えしていきたいと思っております。

 

強いお肌になる為に

まず初めに取り組んでいきたいことは、

バリヤ機能の強化と酸素を与えることです!!

 

お肌にトラブルを抱えている方や

お手入れ方法が分からない方は、お気軽にご相談していただきたいと思います!(^^)!

 

ピュリファーでは、

セラミドのパックや、高濃度酸素オイルを使って顔筋トレナージュでコリを取るフェイシャルも

ご案内しております。

 

只今キャンペーン中の

先着20名様限定‼

夏のダメージ回復‼頭・首・肩・フェイスラインもスッキリ‼

【秋の保湿&コリ取りフェイシャル】の詳細はこちらをご覧くださいませ(^^♪

 詳細はこちら(緑)

 

また、キャンペーンのさらにお得な情報を先行して、明日お昼の12時にメルマガから発信いたします(*´▽`*)

11705331_1466092323708553_3773176475696347162_n